DID地区について

赤色は人口密集地(DID地区)といいます。 国勢調査によって人口密集地と指定されるもので、5年ごとに更新されています。 【飛行禁止空域】 航空法では、有人飛行機に衝突する恐れや、落下した場合に地上にいる人などに危害を及ぼす恐れが高い空域として、以下3つの空域が飛行禁止されています。 1、地表から150M以上の高さの空域  2、空港周辺の上空空域 3、人口密集地上空(上記のDID地区) この空域で飛行する場合は、安全性を確保し事前に【許可・承認】を受けた場合に限り飛行可能です。 【地方航空局長の承認と飛行訓練】 これらの他に無人飛行機を飛行する場合は、いくつかの飛行方法の禁止事項を遵守することはもちろん 地方航空局長が一定の条件のもとに解除、許諾、肯定した場合に限り飛行する事が出来ます。 【法改正でさらに規制強化】 昨年12月の改正で、飛行計画の通報(事前提出)と飛行前点検、飛行ごとの飛行記録、定期点検、事故報告が義務づけられました。 当社では東京航空局にこれらを年間包括申請、許可承認を受理、飛行計画の事前申請、飛行記録等を実施した上で、ドローンによる空撮、高所点検等の業務にあたっております。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。

飛行計画の通報(事前申請)

こんにちは 昨年12月航空法の大改正のなかで特定飛行にあたる場合の【飛行計画の事前申請】が厳しくなっています。 写真は2月26日の国土交通省のDIPSサイトです。 当日の無人航空機の飛行申請されていた状況です。 未申請飛行は法律も厳しくなり、条件によりますが罰則も1年以下の懲役または、30万円・50万円以下の罰金となっています。 2月26日浜松ドローン倶楽部の操縦勉強会を実施しました。 当社の申請画面のキャプチャーです。 どんどん変化する時代、知らなかったでは済まされません。 それに対応が必要です。 Languageこのページは自動的に翻訳されました。元の内容と異なる場合がありますので、ご注意ください。